無知

だったなぁ~って、思うんです。

余りにも猫について無知だった...と。

初めてなんですよね...猫と暮らすのは。
子供の頃から猫が好きで、ゆきちゃんの前にも
実家で半年強 子猫と暮らしてたけど、
自分で何から何までお世話するのは初めて...。

おまけに
脳腫瘍に腹くう内腫瘍に子宮内膜症に蓄膿症...
小動物で色んな病気は経験したけど、ジーちゃんは下痢と皮膚炎と耳血腫くらい...
近場にいる実家の犬猫も15と11才なのに、特にコレと言った病気の経験は無し...
平和呆けと無知が重なった結果 小春さんには沢山辛い思いをさせてしまいました。



この所 また気分が良くない日が続いていて
色んな事を考えてました。
考えて、考えて...結構良くない方向へ行っていて。原因がハッキリしてないから、本当に癌だったのか?とまで思う様になってて...。

この2ヶ月 いっぱい考えて、いっぱい調べました。結局、猫のかかりにくい卵巣癌より、消化器型リンパ腫から卵巣等に転移したと考える方が自然なのかな?って、思いました。
下痢はありました。治療初めてからタール便も出ているので、胃か小腸か?
卵巣癌にしては陰部からの分泌物等を見た記憶がありませんし、症状としてあったのは下痢と食欲不振と体重減少のみ。
ただ、これが関係してるのかずっと考えてましたが、3月に 凄く機嫌の悪い時が一時的にありました。丁度やっぱり少し便が緩めで、下痢でも無いのにお尻が少し爛れていました。私の目の届く範囲では、小春さんが過剰に舐めてる姿は確認しませんでしたが、仕事で留守が多いですから、もしかしたら陰部からの分泌物を気にして舐めてた可能性もありますが...。



4、5月は、特に気になる事が無かったはずなので、これが関係してるのか?はわかりません。
ただ、私は最近 小春さんの事に関して 余りにも強いショックを受けたせいか? 部分的な記憶喪失みたいになってしまってるので、小春さんがいつ頃から病気の兆候みたいなものを見せていたのか? 思い出せないのです。

ただ、老化は感じてました。
遊ばなくなった。 寝てる時間が多くなった。
口の回りや全身に白髪が増えた。

元々高齢での保護で 歯は元から無いし、髭もアザラシみたいに下がってましたが、その事や ブラッシングわしても毛が抜けないのは 老化が原因とは知りませんでした。
こういう事を解っててあげれば、病気になるリスクを多少は押さえられたのでしょうか?

また、最近は
『何故? 臓器は癒着するのか?』
そこが無念で調べてばかりいました。
卵巣は他の臓器に癒着しやすい臓器である事は
大分前に調べて解ってましたが、リンパ腫もまた
癒着を起こしやすいと 今日関連した記事をいくつか見つけました。
小春さん、食欲は最期の方は廃絶に近かったけど、それは癒着によるところが大きかったのでは?と勝手に思ってるので、悔しくてたまらないのです。
もし、リンパ腫であれ卵巣癌であれ癒着が無かったら、もう少し小春さんとの時間が持てたと思うから。



白猫さんは元気です。
毎日4時半に起きる私を3時台に絶叫で起こします

小春さんの事で沢山学んだ事は
ゆきちゃんに必ず生かせるでしょう。
でも、私はもっと早く猫について学んで、小春さんを守りたかったです。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆきじー

Author:ゆきじー
元ノラ猫ゆきちゃんと小春ちゃん
ジャーマンシェパード・ジークの
何て事無い日常の日記です。

ポチると危険
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
最新記事
ゆき
ししし
Siegfried
とと
小春
ここ
ようこそ
カテゴリ
遊ぼう❤
吠えるゆきちゃん
イラつく犬
ぐっぱぁ🎵ぐっぱぁ🎵
リンク
ずっと一緒だよ❤
20160315223917903.jpg 20160316130339989.jpg