不思議な体験

最近良く眠れるんです。


毎日小春さんと添い寝をしてたから もじゃもじゃ
の毛が鼻とか顔に当たって、くすぐったくて起きたり......
途中トイレに起きても、律儀に戻って来るから

お母さん 三時間しか寝てないよ~

なんて泣く泣く仕事へ行く日が多々あって...


でも全然幸せじゃ無いです


夜中起こしてよ...小春さん。




最近 何時から具合わるかったんだろう?

そんな事ばかり考えてます。

幸い 小春さんと出会ってからの記録は

こことgoogle+にありますから

写真見ながら

何時からだったんだろう?...と。


昨日 仕事から夜 戻ってからも

自分のページを見ながらしていた時のこと...


ご飯を食べ終わった ゆきちゃんが

またスマホばかり弄ってる私の横を 冷めた様子で

通り過ぎた瞬間に

画像が変わったんです。


google+の 投稿の画像の表紙?の写真が。


小春さんが怒ってる写真に...


ゆきちゃんにチョッカイ出されて怒ってる写真

なんですけどね...

余りにもタイミング良かったから

小春さん こんな私を怒ってる?...のかと。



同じく昨日は こんな事も...


最近 ゆきちゃんの中に時々小春さんを

感じるんです。


私にベッタリな小春さんと違って

ゆきちゃんは猫らしいツンデレさん。

甘えたい時も抱っこはNG

なんとなく側にいる...ってだけなのに...


良い子 良い子したら

ゴロゴロ喉を鳴らして

頭を私の顔にぴとっ...と。

まるで小春さんの様に...


とても暖かい時間でした。


甘え足りなかったでしょう





家に居ると常に密着してる子でしたから。

ゆきちゃんの体を借りてるんでしょうか?





お母さん 仕事がいっぱいになって

寂しい思い いっぱいさせてたね...


ごめんね...


ゆきちゃんが良いって言ったら

寂しくなったら 体借りて甘えなさい...

お母さんは小春さんがどんな姿になっても

お母さんに姿が見えなくても

ちゃんとに小春さんを愛してるし

小春さんを見つけてあげるから...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

まだ小春ちゃんはお家の中にいてママさんのそばで甘えたり見守ってくれているんだと思います
姿が見えなくなってしまいゆきちゃんの体を借りる事で自分を知らせている事がわかります
小春ちゃんはまだ近くにいてくれてる
そう思うと涙があふれかえります

猫好きのポンさんへ

こんばんは

毎日泣いてばかりですから 優しい小春さんのこと
心配してくれてるんでしょうね。
ただ、触れてあげられないのが、小春さんに直に触れてあげられないのが、悲しいです。
抱っこせがんで追いかけ回す程の甘えん坊でしたから
3年じゃ足りなかったでしょう。
もっともっと嫌になる位に抱っこしてあげたかったし、今でもしてあげたいです。

No title

ゆきじーさん、自分を責めないで!と言いたいわ。
誰もが、色々と後悔するんです。
もし、病気に気付いていたら・・って思うけど、結果はそんなに変わらなかったと思う。
その子の寿命があるから、1年で亡くなる子もいるし、20年も生きる子もいる。
子猫の預かりをして思ったのが、私が託せる里親さんの条件は、愛情のある人。
お金があっても、愛情がない人には絶対にあげたくないし、安いエサでも別に良いんです。
愛情をかけて接してくれる人と一緒にいれたら、ネコは幸せだと思う。
愛のある、ゆきじーさんと一緒にいれて、不幸ってことは絶対にないですよ。
小春ちゃんがいつから悪くなったのか・・・原因探しする気持ちも分ります。
それよりも、自分が死んで、ゆきじーさんが自分を責めている姿を見る方が、小春ちゃんにとったら嫌だと思いますよ。
今は、小春ちゃんで心がいっぱいだと思うけど、今生きている、ゆきちゃんとジーちゃんに、いっぱい接してあげて。
小春ちゃんが居なくなって不安な気持ちもあると思うし、何より、ゆきじーさんが、いつもと違って落ち込んでるのを感じとってるから、ゆきちゃんとジーちゃんに、大丈夫だよって言って、いっぱい撫でてあげてほしいな。
ゆきちゃん、いつものツンデレじゃなくて、ピトって寄り添ってきたのは、ゆきちゃんは、ゆきじーさんの事を慰めているんだと思う。
大丈夫?って心配してるのよ。 きっと。
小春ちゃんに対しては、ごめんね・・・って言葉より、ありがとう・・って言葉が良いと思うわ。
一緒にいてくれて、ありがとう。
私を選んでくれて、ありがとう。

(長々と、気を悪くされたらゴメンなさい。)


ひでこさんへ

ありがとうございます。
ひでこさんの言う通りなんです。頭では分かってるんです。でも、余りにも突然の事で...私 七夕の日まで小春さんの死を少しも感じて無かったんですよ。
それに生きてたから。私が、最期にあった小春さん...
麻酔から完全に覚めてなくて、ボーっとしてたし、体冷たかったけど、生きてたから。
それが数分後...本当に数分後に死んでしまって...。
まだ明日で二週間...無理なんです。仕事の時以外は本当に密着してた小春さんだから、きっと寂しい思いしてるとおもうと...なんて?って、悔しくて、辛くて。

ただ、最近気づいたのか、どうしても手のかかる小春さんの陰で、ゆきちゃんはいっぱい我慢してた事。
小春さんの存在を感じながらも、この子だけは守らないと...と思ってます。
プロフィール

ゆきじー

Author:ゆきじー
元ノラ猫ゆきちゃんと小春ちゃん
ジャーマンシェパード・ジークの
何て事無い日常の日記です。

ポチると危険
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
最新記事
ゆき
ししし
Siegfried
とと
小春
ここ
ようこそ
カテゴリ
遊ぼう❤
吠えるゆきちゃん
イラつく犬
ぐっぱぁ🎵ぐっぱぁ🎵
リンク
ずっと一緒だよ❤
20160315223917903.jpg 20160316130339989.jpg